自宅で栄養管理を徹底するために|腎臓病食の宅配業者を利用しよう

塩分を控えても美味しく

お弁当

食事内容の特徴とは

腎臓病食とは、腎臓病の治療に使われる食事のことをいいます。腎臓病になると腎臓の働きが低下するため、老廃物が体にたまりやすくなったり、電解質のバランスが崩れたりします。そのため、腎臓病食では腎臓に負荷をかけない食事をとることが主なポイントとなります。腎臓病食は進行度合いにより制限の度合いも変わりますが、基本は塩分の制限とタンパク質の制限、適正カロリーの摂取を満たした食事をさします。塩分のとりすぎもタンパク質のとりすぎも腎臓に負担をかけてしまうためです。ですがカロリーが足りなさすぎると体力が落ちすぎてしまうのでカロリーはきちんととらなければなりません。これらの特徴を満たした腎臓病食を作ると、塩分の少なさを補うためスパイスや酸味をきかした料理が多くなります。またタンパク質をとらずにカロリーをとるために油脂類が効率的なため、揚げ物などもよく出ます。出汁をきかせることで薄味でも満足度が高くなるので、出汁をきかせたものもよく使われます。これらの料理を毎日作るのは大変なので宅配食もよく使われています。宅配食では主菜に加えて副菜も加わることが多く、物足りなさを感じなくてすむように工夫されています。味のバリエーションも豊富についていることが多く、闘病中の患者にとって宅配食は大きな助けとなります。ただもともと大食いの人だと薄味が基本の宅配腎臓病食では物足りなく感じることもあります。その場合はよく噛むことや野菜を増やすことで満足度を高めることができます。